HOME > 当院のとりくみ > 感染対策指針

感染対策指針

1. 感染対策に関する基本方針

当院の理念は、1.安全・安心・信頼の医療を行うこと。2.患者様の人権を大切にした医療を行うこと。3.地域の人々と協力して保健・医療活動を行うことです。
感染対策は当院の理念実践のひとつであります。感染対策の目的は院内感染の防止と医療従事者の健康と安全の確保です。組織的に院内感染の防止に留意し、感染等発生の際は速やかな特定・制圧・終息を図ります。院内感染防止策をすべての医療従事者に周知徹底し、指針に則った活動に取り組みます。

2. 院内感染対策の体制

院内感染防止を推進するために以下の組織を設置する。

1. 院内感染対策委員会

2. リンクナース委員会

3. ICT(感染対策チーム)

3. 院内感染対策体制の基本的事項

1. 院内感染対策委員会
院長を始め診療部・看護部・薬剤部・診療技術部・事務部など各専門職代表を構成員として組織する院内感染対策委員会を設け、毎月1回定期的に会議を行い、院内感染対策の活動に取り組む。
緊急時は臨時会議を開催する。
※委員会規定・役割は別記

2. リンクナース委員会 病棟の情報系として、院内感染対策委員会と連携し、感染防止の実践に取り組む。
構成は感染対策師長・専任リスクマネージャー・各師長が任命した看護師で、毎月1回委員会を開催する。
※リンクナースの役割は別記

3. ICT(感染対策チーム) 現場で院内感染対策活動に取り組む職種横断チームである。構成は、医師・薬剤師看護師・臨床検査技師とする。毎週1回病棟のラウンドを行い、感染対策の実施状況を確認し、指導する。また、抗菌薬の使用状況の把握と適正使用の推進を行う。
※感染対策チーム規定は別記

4. 職員研修

1. 院内感染防止対策の基本的考え方及び具体的方策について職員に周知徹底を図ることを目的に実施する。

2. 職員研修は年2回程度全職員を対象に開催する。また、必要に応じて随時開催する。

5. 院内感染発生時の対応

1. MRSA等の感染防止を行うため、定期的に検出状況の報告書を作成し、院内感染対策委員会で検討及び現場へフィードバックを行う。

2. 異常発生時は、その状況及び患者への対応等を院長に報告する。また、直ちに拡大感染対策委員会の開催、発生原因の究明、改善策の立案と実践に向け全職員へ周知徹底を図る。

6. 院内感染対策マニュアル

1. 院内感染対策の推進のため「院内感染対策マニュアル」を作成し、イントラネットに掲載して全職員に周知徹底を図る。

2. 定期的にマニュアルの見直し・改訂を行う。

7. 患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

感染防止の理解と協力を得るため、病院ホームページに掲載し、閲覧の推進に努める。