HOME > 当院のとりくみ > みんなでつくる病院(病院運営委員会)

みんなでつくる病院(病院運営委員会)

医療生協は、組合員による「出資・利用・運営」によって成り立っている組合員の生協です。
より良い医療生協にするため、多くの声を出し合っています。その柱が病院運営委員会です。
病院運営委員会では、毎月組合員と職員合同で病院の運営について話し合っています。

活動内容

虹の箱

虹の箱は、医療生協の病院・診療所に置かれている意見箱です。虹の箱は、医療施設と地域住民をつなぐ大切な架け橋となっています。
院内に9箇所設置しており、月に2回委員会メンバーが回収を行います。頂いた意見は、該当部署に配布し、返答をもらいます。意見と返答は、委員会で報告され、2ヶ月に1回当院の外来に壁新聞という形で掲示し、機関紙「健康と生活」にも一部掲載しています。

門松作成

毎年委員会メンバーと職員が協力して、病院正面玄関等に飾る門松を作成しています。

ガーデンテラス

2016年9月より、委員会メンバーと食のサポーター(食に関わる岡山医療生協公認のセミプロ団体)が協力して、当院の北館2階ガーデンテラスを利用し、様々な農作物を作っています。

学習会・職場紹介

学習会や当院の各職場の仕事内容や取り組みを報告する職場紹介を行っています。