HOME > 当院のとりくみ > 医療チームワーク

医療チームワーク

NST/栄養サポートチーム

当院では、05年5月よりNST活動を実施しています。板野医師を中心に、歯科医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・言語聴覚士・臨床検査技師で構成され、栄養管理が必要な患者様に適切な栄養支援を行っています。栄養状態が悪いと病気が悪化したり、手術後の回復が遅れたり、QOL(生活の質)が低下するだけでなく、術後の合併症や感染症、褥瘡などの発生にもつながります。
活動としては毎週火・金曜日に回診を行いラウンドしています。体重や身体計測値の推移、摂食状態(嚥下機能)、その他の全身状態(感染症・褥創)を見ながら必要なエネルギー量を計算し、摂食内容や方法なども考慮しながら主治医に提案しています。
今後、褥創委員会や感染対策委員会との連携を図り患者様のサポートを実施していきたいと考えています。

RST/呼吸サポートチーム

RSTは01年に発足。杉村医師を中心に臨床工学技士、看護師・理学療法士で構成され、たRST(呼吸サポートチーム)として活動しています。また、院内には呼吸療法認定士取得者11名が在籍しております。
活動は週2回、人工呼吸器装着患者様を中心に病棟ラウンドをはじめ、メンバーによる病棟への出張学習会(非侵襲的陽圧換気療法・肺理学療法について等)、年2回の病院全体学習会、呼吸器関連管理対策マニュアルの作成に取り組んでいます。
また、在宅酸素医療(HOT・TPPVなど)にも力を入れています。
さらなる情報の共有化をはかりながら、患者様に満足いただける医療をめざしています。

褥瘡(じょくそう)対策チーム

「褥瘡対策チーム」は、入院患者様の褥瘡を予防し、新たに発生させないことを目的に、2003年5月に立ち上げられました。メンバーは、皮膚科の野村医師を中心に各病棟の担当者(看護師)・栄養士・薬剤師・理学療法士・作業療法士で構成されています。
月一回院内の褥瘡患者様を対象に回診や褥瘡カンファレンスを行い、褥瘡の状態を観察して、会議の中で処置方法の検討を行っています。各病棟の看護師の褥瘡に対する意識の高まりと共に、入院患者様の褥瘡発生率は低下しています。このことが私たちの達成感につながっています。
今後もチームの力量をいっそう高め、褥瘡予防に努めていきます。

チームICLS

ICLS委員会は2004年から定期的に救急蘇生術の講習会を開催しています。院内職員に対しては看護師、コメディカルを対象として救急蘇生処置技術のスキルアップ研修会を開いたり、地域の方から希望があれば組合員さんの班会へ出向したり、地域の大学や保育施設で一次救命処置の講習会もしています。
その一方で、院内の急変事例の検討会も毎月定期的に行っており、その内容をそれぞれの委員が各職場へ伝達・指導し、職場教育も行っています。