怖〜い習癖"歯ぎしり(ブラキシズム)"

気付かないうちに歯がボロボロに

1日に上の歯と下の歯が接触する時間はいったいどれくらいでしょうか?実は15分から20分しか接触しないのです。つまり、それ以上に歯同士が接触することは、歯にとっては負担過重となり、歯が過度に磨り減ったり、歯がギリギリと揺らされることにより歯が捻挫するようになるのです。その結果として、歯が痛くて食事ができなくなったり、全体的に歯がしみやすくなったり、グラグラになりやすくなります。歯周病悪化要因の1つとなり、更には、顎の関節の痛み、頭痛、肩こりなどにもつながることもあるのです。本当に困った習癖です。原因は不明で、ストレスが主原因ではないかといわれています。
そして、その症状に特効薬はなく、治療法は、マウスピースを装着し、歯や顎を守ることが主となります。この方法は、多くの事例で有効性が実証されています。場合によっては、精神安定剤も併用します。
歯ぎしりや食いしばりの癖があり、虫歯でもないのに歯に痛みがある方、顎の関節に違和感がある方および頭痛のある方、肩こりでお困り方は、一度歯科を受診してみて下さい。

マウスピース治療は、あくまでも症状に対する対処療法で、症状の改善、軽減ははかれますが、治癒を保証するもではありません。しかし、非常に有効な治療方法の1つです(保険適応あり)。