ホワイトニングとは

歯の漂白治療(ホワイトニング)

昨今の歯科医療において、歯の美白ブームが到来しています。つまり、より清潔志向が高くなった現代社会において、清潔感や美しさは口元からということです。歯を今よりも白く美しくすることで口元にコンプレックスがなくなり素敵な笑顔が取り戻せます。そこで、当歯科においても始めた歯の漂白治療について少し紹介します。
着色の原因としては様々な先天的・後天的要素が考えられますが、タバコはもちろん、カレーやコーヒー、お茶、赤ワイン等によっても着色は起こります。これは、日々の歯磨きだけではなかなか除去することは出来ません。
漂白方法としては、診療室で行う方法とご家庭で行って頂く方法(最近こちらが主流)の二通りがあります。または、歯の汚れだけを専用の機械で落としていく方法(PMTC)があります。どれを選択するかは、お口の中の状態によって決まります。しかし、歯の漂白程度にも個人差があり、また一度歯を白くしたからといって、その状態が永久的に続くものではありません。色調の後戻りは起こるので、そのことの理解をしていただく必要はあります。ただ、日々の手入れ次第で長期的に白さが維持できると考えます。
残念ながらこの治療には保険は効きませんが、歯の漂白治療に興味のある方、詳しく知りたい方は、お気軽にご相談下さい。