麻酔科

診療内容

麻酔科は、手術室内で行われるすべての手術が「安全で安心」して行われるよう監視しています。さらには手術中の麻酔管理のみならず、周術期(術前、術中、術後)の管理を行っています。すなわち、手術前より患者様の全身状態を把握し、さらに全身状態を良好に維持・管理するために細心の注意を払って診療を行っています。
具体的には、
1)手術前に(緊急手術では当日になりますが)術前訪問し、麻酔内容を説明します。
麻酔方法は、手術中に意識がなくなる全身麻酔と手術中も意識がある局所麻酔があり、それぞれ単独で行う場合もあれば、両者を併用する場合もあります。担当麻酔科医が患者様に合った最も安全な麻酔方法を選択し、その内容を説明します。
2)手術中は、各種麻酔モニターを使用しながら、常時患者様を見守ります。
3)手術後は患者様の苦痛、特に手術の傷の痛みやもっと奥の不快な痛みを取ることで、順調かつ快適に回復に向かうよう手助けします。

特色

当然ですが、「痛みのない」麻酔、そして「安全で安心」して手術を受けられる麻酔を約束します。
当院では麻酔科専従の麻酔科医が3名います。麻酔科認定病院の指導者として教えることが大好きな麻酔科部長を先頭に、麻酔科医全員が手術室の看護師とも連携してTeam(チーム)麻酔科を組み、「痛みのない」「安全で安心」の麻酔を提供しています。
初めて手術を受けられる方も多いでしょう。手術や麻酔のことで分からないことがあれば、術前訪問の機会にどんどん質問してください。女性の患者様で、男性医師に聞きにくいことなどがあれば、女性麻酔科医や女性看護師も同席していますので、一般的な説明の後、ゆっくり質問してください。必ず納得のいく回答が得られると思います。
また、手術室での手術麻酔以外でも麻酔を行っています。例えば、閉所恐怖症の方がMRI検査を受けられるときなどは、快適に眠っているうちに検査を終了できるよう、麻酔科がMRI室まで出張して一種の麻酔を行っています。