脳神経外科

診療内容

当科では、広く脳卒中の急性期からリハビリテーションまで、また頭部外傷・脳腫瘍の方につきましても、倒れたその日の急性期からリハビリテーションまで加療を行っています。その他、頸椎病変などによるしびれ等の診断や治療、さらにはパーキンソン病やアルツハイマー病等の診察もしています。
診断には最新のCTやMRIを使い、丁寧な診察を基本にし、わかりやすい説明を心がけています。
手術は、脳内出血に対する開頭術、くも膜下出血に対する脳動脈瘤クリッピング術、脳腫瘍に対する開頭術、慢性硬膜下血腫の洗浄術などを行っています。

特色

手術後、なるべく早期離床、早期リハビリテーションを心がけ、家庭や職場への復帰を目指しています。そのために当院の回復期リハビリテーション病棟を有効に利用しています。またその後の介助や介護が必要な方の手助けもしています。