臨床工学科

臨床工学科とは

当院の臨床工学科は、現在7名の臨床工学技士で構成されています。
臨床工学技士とは、複雑、高度な医療機器が多用される現在の医療現場において、医学的知識と工学的知識を併せ持つ資格として誕生しました。
仕事の内容は、院内にある人工呼吸器や人工透析装置、心臓カテーテル、ペースメーカー、心電図や血圧等を24時間見ることのできるモニター、点滴・注射を行うポンプや吸入器、内視鏡装置等、様々な医療機器の操作や、保守・点検を行っています。
また、使用者などを対象とし、医療機器を安全・正確に使える様、医療機器安全セミナー等を定期的に開催し、安全教育を行っています。
この様に、縁の下の力持ち的存在ですが、人と機械の守り手として、日々安全で質の高い医療の提供に努めています。