リハビリテーション部 【作業療法科】

作業療法とは

応用的な日常生活動作(食事、整容、更衣、入浴、排泄等)を円滑に行えるように身体機能向上や実際の場面での動作訓練を行います。
また、身体機能面だけに目を向けるのではなく、趣味や役割などにも目を向け手工芸や折り紙などのアクティビティをすることで精神面にも働きかけます。

※「作業」とは食事や着替え、排泄などの日常動作や仕事・遊びなど  人間の生活全般に関わる活動をいい、治療の手段として用いています。

特色

機能訓練

病気やケガにより起こる麻痺や関節運動の制限、筋力低下の改善を図ります。
その中で作業(※参照)を治療に用いるのが特徴です。

〈上肢・下肢機能訓練〉

色々な物品を使用したりセラピストが他動的に動かし、筋力強化や円滑な関節運動を図ります。

〈高次脳機能訓練〉

様々な課題を通じて、日付や時間の認識、集中力、注意力、記憶等の向上を図ります。

日常生活活動練習(ADL)

食事、更衣、排泄、整容、入浴など、毎日行なっている動作について、その人に合った適切な方法を援助します。

〈食事〉

利き手に障害を持つ場合、箸の使用など利き手交換の練習をします。
食べやすい食器や自助具など患者にあった道具の検討を行います。

〈更衣〉

片手での着替えの練習や着脱しやすい方法などの指導を行います。

〈排泄〉

一人でできるようにトイレ動作の練習やPトイレの練習を行います。

〈整容〉

手洗い・洗顔・口腔ケア・整髪・髭剃り(化粧)といった動作の練習を行います。

〈入浴〉

家庭用の浴槽で、実際に福祉用具などを使用しながら出入りの練習を行います。

日常生活関連活動練習(APDL)

調理、洗濯などの家事動作、買い物や公共交通期間の利用などの外出訓練、畳動作など実際の生活を想定して練習を行います。

〈調理訓練〉

片手でも料理が行えるよう、福祉用具などを用いて調理訓練を行います。

〈畳動作〉

布団で生活される方などに対して、床からの立ち上がり訓練を行います。

〈買い物や公共交通機関の利用〉

精神面に対するアプローチ

集団でのレクリエーションを通じて生活リズムの改善や他患者との交流を作るなど精神面に働きかけたり、毎日の日付の確認など認知面の維持・向上にも働きかけています。

〈趣味的活動〉

患者様の作品です。

〈集団レクリエーション〉

楽しく体操しています。