リハビリテーション部 【理学療法科】

理学療法とは

理学療法とは、検査・測定に基づき、何らかの疾患・障害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害を対象とします。
運動療法によって筋力・関節可動域・協調性といった身体機能の改善を図り、また、温熱・水・光線・電気などの物理療法によって痛み、循環などの改善を図ります。
最も基本的な日常生活動作(起きる・座る・立つ)を獲得するための動作練習や、移動手段(歩く・車いすなど)が確保できるように歩行補助具の選択や治療を行います。このときに必要に応じて義肢、装具も使用します。
日常生活を安全に送れるように福祉用具の選定や住宅改修・環境調整を行います。

特色

運動療法

筋力増強運動・関節可動域運動・バランス練習などを通じて、基本的な日常生活動作(起きる・座る・立つ)・歩行などの運動能力を高めます。

ADL動作練習(日生活動作の練習)

日常生活を円滑に行うために必要な動作の訓練・指導などを行います。

その他(補装具の選定・住宅改修など)

装具 週1回、金曜日に義肢装具士が来院し、義肢、装具の必要な方に対して、医師、セラピストと義肢装具士が相談し、作製を行います。
住宅改修 自宅復帰をされる方に対して、退院前に患者様と一緒に自宅を訪問し、動作の確認、手すりの設置や段差解消などの検討を行います。また、必要に応じて、動作指導、介助者への介助指導を行っています。