HOME > 当院看護部のご紹介 > ごあいさつ

ごあいさつ

私たちは、患者様を中心にあらゆる職種がそれぞれの専門性を発揮した「多職種共同の医療」すなわち、チーム医療を重視した、医療活動を実践しています。
栄養サポート、褥瘡対策、感染対策、糖尿病教育、呼吸療法などのチームを作り、患者様に質の高い医療・看護を提供できるよう日々努力しています。
また、教育研修も力を入れています。日々の業務に流されることなく、自己研鑽し、より専門性を発揮したレベルの高い看護実践をめざしています。

私たちの病院では、差額ベッド料金をいっさいいただいていません。その患者様の病状に合わせて、お部屋を決めさせていただいています。差額ベッド代をいただかないことは、患者様やご家族に「安心して治療を受けられる」と大変喜ばれています。
いざ、という時に頼りになる地域の病院でありたいと願っています。
また、看護師は患者様に一番近い存在として、患者様の人権を何よりも大切にし、より良い看護を提供できるように努めています。「協立病院に入院してよかった。」と言っていただけるよう、患者様やご家族の想いを大切に、心の通い合う看護をめざしています。

同時に、働いている私たち看護師自身が、「この病院で働いていてよかった」「やりがいを感じて仕事ができる」と思えるよう、働きやすい職場づくり、環境づくりも重視しています。
元気に仕事ができるよう、お互いに思うこと、考えたことを出し合ってみんなで働きやすい職場をつくることが、患者様に満足していただける看護を提供することにつながると考えています。

看護部長 河井 和子