HOME > お知らせ&ご案内

私のナラティブ

こんにちは、暑い日が続きますがみなさん体調は大丈夫ですか?

今日は、当院看護師が1年目の時の出来事を物語(ナラティブ)としてまとめたものを紹介します。

 

体の痛みに対する患者の求める看護とは

私が夜勤に入り始めたころ、自分の業務を行なうことでいっぱいいっぱいのときでした。夜間Aさんのからナースコールが頻回に鳴っていました。訪室すると、Aさんからの訴えは「体がいたい」でした。苦痛が強いときの指示で薬が出ていたので、私はAさんと相談して、薬で対応しました。しかし、その後もAさんからのコールは続き、Aさんは夜間全然寝れていない状態でした。訪室する都度、同じ訴えが続き、私は「お薬が効くまでもう少し待ってね」といってAさんをなだめていました。

同じようにAさんからのコールが鳴った時、先輩が一緒にAさんのところに行ってくださいました。Aさんの訴えはやはり「からだが痛い」でした。すると先輩は、「そうなの?つらいですね。少し体の形を変えてみましょうか」と言って体位変換をおこない、Aさんが痛いと言った腰をさすり始めました。するとAさんは「ごめんね、ありがとう」とおっしゃって、いままで苦痛表情だった顔が、少し穏やかになりました。そして、Aさんはうとうとされて、少し眠られていました。

その後、ナースコールがあると、私は訪室し、体位変換を行なったり、痛いところをさすったり、可能な限り話を聞くようにしました。すると、Aさんからのナースコールは格段に少なくなり、Aさんも少しずつ睡眠がとれるようになりました。

わたしはこのことから看護とは、手と目でみると言うことを思い出し、すぐに薬剤で解決しようとしていた自分が恥ずかしくなりました。

学生の時には薬が使えなかった分、患者さんの訴えに対して、自分の手や目を使ってできる看護はないかと考えていました。看護師になっても、それは忘れてはいけないし、患者さんが求める看護とはそのようなぬくもりのある看護であるのではないかと感じる出来事となりました。

 

 

2013.06.28 15:58 | Trackback(0)


機能評価に向けて・・・

当院は第3者医療機能評価機構の認定を受けています。今、8月の認定更新にむけて準備を進めているところです。今回は新しいバージョンでの受審になるので、どのように準備したらよいか不安な面もあります。そのため、6月13日に本番を想定して模擬審査を受けました。看護部では書類審査とヒアリングで看護のマニュアルや会議議事録など一通りみていただきました。「書類面では完璧に近いですよ」といい評価をもらいました。あとは、現場で患者中心の看護が展開できているか、チーム医療が推進されているか・・・。現場での模擬審査は次週です。結果はまた、お知らせしたいと思います。看護の質向上にむけて頑張ります。

2013.06.17 18:56 | Trackback(0)


あじさい音楽会

6月11日(火)緩和ケア病棟デイルームであじさい音楽会が開催されました。

 当日は当院の職員によりフルート演奏を聞き、緩和ケアボランティアさんの手作りおやつとお茶のサービスに楽しいひと時を過ごしました。そして、みんなで「上を向いて歩こう」「夜霧よ今夜もありがとう」など懐かしの歌を歌いました。ご家族も参加して、患者さんの笑顔に職員もうれしくなりました。

2013.06.14 09:26 | Trackback(0)


6/13 基礎一研修 薬とポンプ

今回の研修では、

・医療機器の取り扱いの基礎がわかる

・院内マニュアルを通じ、誰もが共通使用できるようになる

を目標にとりくんでいます。

初めて機器にさわる人もいれば、実際に先輩と一緒に使っている人もいて様々・・・。

MEの講義のあと、実際に「薬とポンプ」係りの先輩ナースが手取り足取り一から教えました。

アラームが鳴った時の対応もバッチリです!

研修後のアンケートでは、100%理解できたという結果でした(^^)!!

 

 

2013.06.13 17:19 | Trackback(0)


ちょっといいところ

みなさんこんにちは。

全日本民医連では「永年勤続表彰」として、30年、20年、10年目の職員が表彰されます。

6月10日に代表として勤続30年をむかえた病棟師長と外来師長が表彰されました。

2013.06.10 09:33 | Trackback(0)


看護研究の取り組み始まる

協立病院では、外部講師 山陽学園大学 野村佳代准教授をお招きし、念願の看護研究に取り組むこととなりました。卒後三年目の看護師と職場援助者、レベル三(一人前看護師)看護師を対象に、6月5日(水)「看護研究とは」で講演をしていただきました。「研究テーマの設定が、興味本位ではいけない。倫理的配慮や先行研究抽出方法等細かい配慮が必要であることが分かった。」「看護研究に取り組むことのむずかしさを感じた。不安が募るがひとつひとつをクリアにしたい。」などの感想があり、看護研究の動機づけとなりました。

2013.06.05 11:19 | Trackback(0)