新着情報

HOME > 初期研修 > 研修の特徴

研修の特徴

多くの出会いと経験から自分を磨く

すべての臨床医に求められる基本的な診療に必要な知識、
技能、態度を身につけ、病める人の全体像をとらえることの
出来る全人的医療の修得を目的とする。

研修の特徴

研修プログラム

内科

初期臨床研修のスタートとして、オリエンテーションと合わせて6ヶ月行います。従って内科疾患を学ぶことはもちろん、医師としてのプロフェッショナリズムも重視しています。後期研修医・ベテラン医師と一緒に受け持ちし、毎日カンファレンスを行うことで気軽に相談でき、きめの細かい研修を行います。疾患は呼吸器・消化器・循環器・糖尿病など、幅広く研修する方針で、病態を正しくとらえ、考えていくプロセスを大切にしています。

麻酔科研修

・解剖、生理など基礎的学問を再認識し、術前の患者情報を基に最適な麻酔計画が立案できる。
・手術室だけでなく、救急外来・病室での気管内挿管ができる。従来型喉頭鏡をはじめ新型挿管器具のエアウェイスコープなどが使える。
・A-Line、中心静脈、末梢血管確保が迅速かつ安全に行える。
・人工呼吸器の取り扱いが理解でき、重症患者の呼吸・循環管理ができる。
・研修2ヶ月終了前後から硬膜外・腰椎麻酔を行い内科での腰椎穿刺に困難をきたさないようにする。

外科研修

・指導医のもとで小手術・創処置を経験実習します。
・時間内、時間外に関わらず、急性腹症の診療の際には、診断から治療まで指導医と共に関わります。
・外科カンファレンスに参加して、術前所見の解析、術式の検討に参加します。
・頻度の高い疾患については、指導医と共に主治医となり経験します。
・手術室にて指導医と共に手術助手を経験します。

産婦人科研修

産科:わずか1ヶ月の研修でも多くの分娩に立ち会うことができます。出生直後の新生児の処置も学ぶことができます。
婦人科:見学が主体となりますが、女性特有の病気について学ぶことができます。

救急医療研修

当院の救急は、一次二次救急が中心ですが、年間約1,400台の救急車搬入を受け入れています。こうした救急車で搬送される重症症例の対応とともに、ウォークインの中に隠れている重症症例を見逃さないことも重要です。一年次に1ヶ月間の集中した研修を行い、以後も週1~2回救急当番や日当直で継続した研修を行います。指導医のサポートのもとでステップアップし、2人当直の1人として一人立ちできるように研修を進めています。

地域医療研修

療養型病院・診療所等で研修を行います。各研修医のニーズに合わせてプログラムを作成します。地域における病院・診療所の役割を理解するために、在宅医療の見学、介護保険の理解、在宅患者を対象としたケースレポートの作成(高齢者総合的機能評価や主治医意見書)、外来見学(慢性疾患管理、禁煙外来、健康診断など)を通じて学びます。

小児科研修

様々な症状の患者様に接する場面で研修医が「自分の力で考える」力を磨いていくことを大きな目標としています。臨床の現場で、自分自身で考えたことを指導医と相互に伝え合う中で研修医には色々なことを感じ取ってもらいます。その経験が将来、自分ひとりで判断しなければならない場面できっと役に立つはずです。さらに小児医療の第一線を体験し実際的な医療技術を習得することに加えて、医者としてのキャリアの早い段階で、母子という視点で小児医療を見ることもとても大切です。

精神科医研修

急性期からリハビリテーションまで一貫した体系の中で精神医療を学ぶことができます。研修のフィールドは、入院では急性期病棟、アルコール依存症病棟、外来ではクリニック、デイケア、訪問看護となります。また指導医が行うクルズスを通して個別の精神疾患の理解を深め、精神医療をより立体的に捉えられるように工夫しています。

在宅医療プログラム

初期研修期間中に数か月継続して在宅医療を経験します。最初の数回は見学から始まり、ステップアップし、指導医見守りのもとで診療の主体を行なうことを目標にします。高齢者のADL、IADLを在宅環境の中で評価し、在宅医療で生じるよくある医学的問題(発熱、食欲不振、皮膚疾患)などへの対応などを学びます。

健康づくりプログラム

初期研修の2年間では、月に一回を目安に地域組合員さんと地域で健康づくり活動や講師活動に取り組みます。また地域へ直接出ることで、地域の方々の生活背景や患者さんの抱える問題等を学びます。

民医連の研修(随時)

岡山協立病院は民主医療機関連合会(以下、民医連)に加盟している病院です。初期研修中には中国四国の民医連病院の研修医とのセミナーや交流会があります。全日本民医連での研修もあり、全国にいる研修医と交流が出来ます。

指導体制

内科   : 角南 和治(内科部長・臨床研修センター長)
麻酔科  : 木村 基信(麻酔科部長)
外科   : 森 隆(外科部長)
救急医療 : 宇佐神 雅樹(内科医長)
地域医療 : 福田 好世(コープ大野辻クリニック 所長)
精神科  : 林 英樹(林道倫精神科神経科病院 院長)
皮膚科  : 野村 知代(皮膚科医長)
整形外科 : 中野 正美(整形外科部長)
泌尿器科 : 二ノ宮 祐子(泌尿器科医長)
緩和ケア : 武田 明(疼痛治療科部長)
臨床検査科: 清水 のぞみ(臨床検査科 科長)

主な協力型病院と施設

連携病院

・総合病院水島協同病院 ・宇部協立病院 ・高松平和病院 ・愛媛生協病院 ・高知生協病院
・徳島健生病院 ・林道倫精神科神経科病院 ・倉敷成人病センター ・岡山中央病院

連携施設

・岡山中央病院 ・コープ大野辻クリニック ・コープみんなの診療所 ・コープ西大寺診療所
・せいきょう玉野診療所 ・高松協同病院 ・へいわこどもクリニック ・さくら苑リハビリセンター
・特別養護老人ホーム中野けんせいえん

募集要項

募集人数

4名

募集資格

医師国家試験合格者、および見込み者

必要書類

(1)履歴書、(2)成績証明書、(3)卒業見込み証明書又は卒業証明書

選考方法

面接・小論文

選考日程

6月初旬~8月末頃

研修開始
予定日

4月1日

初期研修医
待遇

給与

<1年次> 約36万円 ※各種手当、賞与(年2回)あり
<1年次> 約36万円 ※各種手当、賞与(年2回)あり

身分

常勤職員(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、共済制度など)

休暇

4週6休、夏季休暇、年末年始、生理休暇、慶弔休暇、有給休暇、育児休暇

宿舎

なし(住宅手当40,000円支給)

その他

出張費年間15万円を上限に補助あり

問い合わせ先

〒703-8511 
岡山市中区赤坂本町8-10 総合病院岡山協立病院 
臨床研修センター 岡本
TEL 086-272-2121

初期研修プログラム2017年(PDF) 初期研修プログラム2017年(PDF)
BackTOP