研修センターブログ

投稿記事

研修医が支部活動を行いました

こんにちはsmiley
研修担当事務のIです。

先日、研修医1年目のC先生とY先生が支部活動に参加してきました!

​ここを見てくれている学生さんは、
​支部活動ってなんだ??
と思われる方がほとんどだと思うので、まずはご説明から・・・


岡山協立病院は、医療生協の病院です。

医療生協に加入した組合員と病院のスタッフが協力して病院を運営しています。
組合員は事業所の利用とともに、班(組合員が3人以上集まって作るグループ)や支部(医療生協の活動を進める、中学校区ぐらいの地域の組織)で健康づくりなどの活動を行っています。

健康づくり活動の具体的な例としては、班や支部で健康チェックを行ったり、みんなでストレッチをしたり、医療生協の職員から健康についてのお話を聞いたり…

病気になって医療機関にかかる前から、地域みんなで健康づくりをしていこう!という取り組みを行っています。


​現在岡山医療生協には66000人以上の組合員さんがおられ、岡山市を中心に46支部あります。

​研修医1人につき、46支部のうちの1支部を担当してもらい、その支部で行われている健康づくり活動に月1回程度参加してもらう「支部担当制」が2016年入職の研修医よりスタートしました。


​2年目研修医たちは去年、「熱中症について」​や「漢方について」等、健康講話などを行っていました。
 
↑ 去年の写真です


​また、2年目研修医はそれぞれ楽器演奏が得意だったので、演奏も行っていました


​1年目研修医も楽器演奏ができる先生がおり、今回C先生とY先生は演奏の依頼があったのでそれぞれ参加してきました。
​C先生はトロンボーン、Y先生はギターです
​研修医の演奏を伴奏に、組合員さん達が合唱をして楽しみました。


C先生の様子は写真がありますのでお披露目します


たくさんの組合員さんの前での演奏、C先生はちょっと緊張気味?ですが・・・(笑)

組合員さんたちはとても楽しそうでしたよ
今後は特技での交流もしつつ、健康づくりを増進できるような活動にも参加してもらえたらなーと思います
BackTOP