新着情報

HOME > 後期研修 > 内科後期研修
内科後期研修
現状に満足せず、常に学ぶ姿勢を

基礎研修後の3年間は、日頃よく出会う患者さんの問題点に
対応できる力を身につけることが重要です。
当員では道の問題点を解決する方法論を学びながら、
幅広い臨床能力を備えた内科医を育てることを目標とします。

後期研修プログラム 地域医療の第一線だから、広く深く学べることがある。

指導医メッセージ

杉村Dr

岡山協立病院は医療生協を母体とする病院です。

そのため地域の組合員さんを中心とした住民の健康と生活を守る役割があります。そうした視点に立って、後期研修では地域医療を支える総合内科医を育成する研修を行っています。初期研修と同様に問診や理学所見を大切にして、後期研修では呼吸器・循環器・消化器を基盤とする専門性をより高め、主治医として独力で治療や退院支援の戦略を立てることができる能力を涵養しています。3年間の後期研修で総合内科専門医としての十分な力量とプロフェッショナリズムを備えることができるでしょう。多くの研修医が私たちの後期研修で育って、これからの日本の医療を支えてくれることを期待します。

指導医メッセージ

当院で初期研修を終了後、
引き続き後期研修医として勤務しております。

後期研修1年目として実際の勤務形態についてお伝えしようと思います。
 入院患者に関しては、最初の半年で主に呼吸器-感染症、後半の半年は循環器-感染症を中心に症例を持たせて頂きました。commonな疾患(肺炎、尿路感染、喘息、心筋梗塞、心不全等)はもちろんですが、他にも脳梗塞、腸腰筋膿瘍、拡張型心筋症、膿胸等様々な症例を経験する事ができます。初期研修医の時には上級医ー指導医主導のもとで治療計画を練っていく事が主でしたが、後期に入ると自ら計画を立てる事が主になるので、より責任を持って望む事になります。もちろん治療において相談-指導を指導医から直接うける体制になっています。また、困った事があれば先輩上級医に気軽に相談できます。その他に外来、往診、その他救急当番、PICC挿入なども豊富に経験させてもらっています。来年度以降は消化器、内分泌等の症例や、内視鏡もしていく予定です。このように自分の将来のビジョンに沿った形で教育して頂ける環境は凄く恵まれているなと改めて感じています。

横井Dr

募集要項

募集人数
3〜4名
募集資格
初期研修を終了したものまたは見込みのもの
必要書類
(1)履歴書、(2)初期研修終了証(または初期研修終了見込み証)、(3)医師免許証
選考方法
面接・小論文
選考会場
総合病院 岡山協立病院
研修医の
身分・処遇

給与

〈1年次〉年収 約830万円(賞与・各種手当込み)
〈2年次〉年収 約980万円(賞与・各種手当込み)
〈3年次〉年収 約1,100万円(賞与・各種手当込み)

身分

常勤職員(健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険、共済制度など)

休暇

夏期・年末年始・有休休暇・生理休暇・慶弔休暇・育児休暇など

宿舎

なし(住宅手当40,000円支給)

医師賠償責任保険

病院として加入

学術活動

全国学会2回、地方学会(中国四国)2回まで全額補助あり、
学会発表支援あり

書籍代・学会参加・出張費

補助あり

その他

保育料の補助あり
書類提出先
必要書類(1)~(3)を同封し下記住所へお送りください
〒703-8511 
岡山市中区赤坂本町8-10 総合病院岡山協立病院 
臨床研修センター 木村
TEL 086-272-2121
BackTOP