新着情報

HOME > 初期研修 > メッセージ

メッセージ

研修医メッセージ

Y先生

岡山協立病院での初期研修1年目を終えて一番に感じたのは人と人との距離が近いという事です。それは上級医・指導医の先生はもとより他科の先生・看護師をはじめとしたコメディカルスタッフ・事務の方々・患者さんとの全てについて言えることです。患者さんの事で困ったことや疑問に思う事などがあれば、毎朝行っているカンファレンスですぐに相談・質問できる環境にあります。また診察方法等で疑問が生じた時などは上級医・指導医の先生と共に患者さんのもとに行き、直接指導頂くこともあります。
コメディカルスタッフの方々とは患者さんの病状・生活状況の共有はもちろんの事、病棟カンファレンス等で話し合い今後退院してからの生活をどうするかについて話し合います。患者さんを身近に感じる事ができるのはもちろんの事、「病気をみる」だけでなく「人をみる」重要さ・楽しさを実感できる瞬間でもあります。
最後になりますが、今現在充実した研修生活を送れているのは間違いなく事務の方々のサポー トあってこそだと考えています。研修プランの作成を始め、救急当直の日程決め、人間関係でのトラブル等で何か困る事があれば、すぐに相談できる環境を提供して頂き、また様々なわがままを聞いて頂いています。
慣れない事ばかりで辛い事もありますが、協立病院では研修医を育てようと様々な方々のサポートの下で充実した研修医生活を送ることができると思います。是非、一度見学に来て頂ければ雰囲気を味わって頂けると思います。

S先生

私は5年生の時には同期の人数の多く、専門性の高い専門科での研修を考え、母校である大学病院での初期研修を考えていましたが、6年生に進級する春休みに、さらに研修先の選択肢を広げるために様々な市中病院へも見学実習に伺わせていただきました。その中で、少人数研修ならではのアットホームな雰囲気を感じたのが当院でした。そんな雰囲気に興味を持ち、何度か見学にいったところ、患者さんの疾患はもちろんのこと生活背景まで考えられるようになること、ひと通りのcommon diseaseを学べること、単一医局であり各診療科の垣根が非常に低く相談しやすいところ、手技を積極的に経験できるところなどに惹かれて最終的に当院での研修を希望することとしました。
初期研修医としての期間も残り半年となりました。今は勉強することは非常に多いですが、満足した研修生活を送らせてもらっています。皆さんも興味があれば、ぜひ一度見学にいらしてください。

T先生

初期研修病院を選ぶにあたって色々な施設を見学しましたが、キャリア・進路・私生活を両立させるために大変苦悩したことを覚えています。
岡山協立病院のプログラムは、先生方の熱心で丁寧なご指導、と自分だけのプログラムを作成できるという自由度はどの病院よりも優れていると思いこちらでお世話になろうと決めました。実際に、丁寧な初期研修医対応のスタッフの方々や先生と話し合いプログラムを決めることができました。また、初期研修医の人数も多くはないのでまとまりもよく、勉強会や学会発表の機会も豊富にあります。
私はこの病院で自分の将来を考えながら満足する研修ができたことに、大変感謝しています。
研修施設はどこに行っても後悔はしないと思いますが、協立病院に興味を持っていただけたなら一度見学にいらしてください。心よりお待ちしています。

N先生

 私は最初別の研修病院で初期臨床研修を始めました。研修医の数こそ現在研修している岡山協立病院と変わりませんが、やはり研修医に対する考え方は病院によって違いがあるように思います。どちらの病院も一度の見学のみで決めたため病院について詳しいことはわからない状態でしたが、それでも自分に合うか合わないは、なんとなくでもわかるものです。実際に岡山協立病院で働いてみて、診療科の垣根が低く、上級医の先生にも気軽に相談できるというのが魅力だと感じています。最初の病院は実家に近いからという理由だけで選んでしまいました。あなたが考えている研修先は研修医をただの労働力と考えてないでしょうか?自分の描いている研修生活が実現出来そうですか?研修病院選びのポイントは人により様々だと思いますが、是非一度見学にいらして下さい。そして病院の雰囲気を感じてみて下さい。

K先生

 医療生協の病院は全国にありますが、どこもアットホームな雰囲気がする小~中規模な病院という点で似ています。研修の長所としては、医学生・研修医対応の事務の方が複数人いて、事務書類の書き方から日頃の困ったことの相談など窓口があるということです。コンビニの店の位置から最寄り駅まで小さな困りごとはちょくちょくあります。どんな悩み事でもとりあえず乗ってくれるというのは心強いものです。
 担当患者さんは少数のところが多いのですが岡山協立は8人~10人と平均ぐらいです。要領よく仕事をこなせば勉強時間も十分とれますし、じっくりと対応すれば仕事だけで一日が終わる感じで、自分のペースで仕事のできるのも良いところです。

H先生

私が岡山協立病院を選んだ理由は、3つあります。一つ目は、大学1年生の頃から病院実習や医療生協の斑会などでよく知っていたこと、二つ目は、高橋院長を始めどの指導医も非常に気さくでありながら熱く、私が精神科志望だからといって決して「この程度でいいだろう」と手を抜かないこと、三つ目は、差額ベッド代無料に象徴されるように無差別平等を貫く理念を実践していることです。
入職し1年、内科、麻酔科、外科を廻りました。どの科の指導医からも熱心に、疾患を教わるだけで終わらず、コメディカルも交えて仕事のこと、介護福祉のこと、ときには経済的相談も含め、退院後の生活にも責任を持つ姿勢を教わりました。
岡山協立病院の研修を少しでも考えてくださっている皆さん、是非一度、実習に来てみてください。一人ひとりに合わせた退屈させない実習プランを立て、お待ちしています。

S先生

私は学生の頃から、目の前の患者さんだけではなく、その家族、地域まで診られる医師を目指しています。そのために、プライマリ・ケアの基礎と医療面接・身体診察の技術の習得ができる病院での初期臨床研修を考えて、岡山協立病院での研修を希望しました。
当院には、医療面接・身体診察に卓越した指導医がおり、また、一通りのCommon diseaseは経験できます。それと、各科の垣根が少ないことから連携もスムーズです。そして、患者さんの生活背景まで気を配るよう指導を受けています。私のようなGeneralistを志望する者にとっては、よい環境だと思っています。もちろん、まだ将来の志望科がはっきり決まっていなくても、各科ローテーションを通して、自分の適性が見つかると思います。 学生の時の学びは、研修医になってからの大きな支えになると思います。本からの学びだけでなく、患者さんの話を聞くといった、「人」から学ぶことを心掛けてください。
皆さんが実習に来てくださるのを心からお待ちしています。

A先生

私が初期研修に岡山協立病院を選んだ理由は、研修医1人1人と相談しながら、個々の希望や状況に応じてカリキュラムを組んでもらえるところに魅力を感じたからです。
当院は研修医の人数は多くはありませんが、その分普段の研修が目に届きやすく、先輩レジデントや指導医の先生たちと何でも相談できる環境です。 また、病院の雰囲気がアットホームで、コメディカルの方も研修医に積極的に関わってくれます。
カンファレンスでも積極的に議題として上げてもらえるので、色々な方の意見が聞けて勉強になります。手技がたくさん経験できたり、救急も指導医のサポートがありながら主体的に入れることも魅力です。
医学生のみなさん、岡山協立病院には、優しく熱心に指導してくれる先生がたくさんいます。若い先生も多いので、楽しくも中身の濃い研修ができます。一度病院実習にお越し下さい。

A先生

私が初期研修を行う病院を考え出したのは、5年生の終わりごろでした。その時点では大学は県外に出ていたので、研修は地元の岡山に戻ろうということぐらいしか決めていませんでした。いくつか病院で実習をさせていただいた上で決めることにし、最終的に岡山協立病院で研修することにしました。
岡山協立病院で研修をしようと思った理由は、診療科の垣根が低く、上級医の先生にも気軽に相談できるという点に魅力を感じたからです。当院には、医局は1つしかなく、ほとんどの先生のデスクが同じ部屋にあります。もちろん、研修医のデスクも上級医の先生たちのデスクに交じって置かれています。そういった環境なので、疑問に思ったことはすぐに相談できますし、勉強している時に「何を勉強しているの?」と先生の方から声をかけてくださり、ミニレクチャーが始まることもあります。
他にも、実際に研修して良かったと感じることは、実技をどんどんやらせてもらえる、common diseaseを経験できる、他職種の人も優しく教えてくれる(エコー、細菌検査)などなど、たくさんあります。
少しでも、岡山協立病院での研修に興味をもたれた方はぜひ1度実習に来てみてくださいね。

O先生

卒後研修を行うにあたって色々な病院を見学しましたが、プライマリーケアを中心に患者様をトータルで診療しようという岡山協立病院のスタンスに惹かれて、ここでの初期研修を決めました。
実際に入職してからも各科の垣根なく色々な先生に気軽にコンサルトできる環境はありがたいと感じています。自分がやりたいことも上級医は積極的にサポートしてくれます。
私は就職して医師として医療に関わることはやりがいのあることだと感じています。日々の勉強や部活動など毎日忙しいとは思いますが、皆さんも自分が将来医師になることを楽しみにして、1回しかない学生生活を日々充分に楽しんで過ごして下さい。そして1度見学に来て、岡山協立病院の雰囲気を感じてみませんか。待っています。

N先生

当院での初期研修も1年半が過ぎようとしています。初期研修先を選択するに当たって、みなさんも色々と迷われていることと思います。私も研修先を選んだ6年生の時には、色々な情報を耳にし、どこで研修をするべきか非常に迷いました。その中で、当院を選んだ主な理由は、規模が大きすぎず小回りがきくこと、当時精神科を希望していたのでプライマリーを診られること、病院の雰囲気が温かかったことなどが挙げられます。
内科研修では、最初は病院のシステム、業務の流れなど基本的なことも分からず右往左往していましたが、医学的事項に限らず、患者さんを取り巻く環境、コミュニケーションの仕方など、医者に必要とされる基本的な事を学ぶことが出来ました。外科研修では縫合、カテーテル挿入などの外科手技を教えていただき、また終末期の患者さんが多かったため、緩和ケアについて興味を持つきっかけにもなりました。
その他、麻酔科、産婦人科、精神科などをローテートしましたが、どの科でも熱心に指導していただけること、他科を研修中でも興味があれば首をつっこんで行けるところが良い点ではないかと思っています。
興味があれば是非一度見学に来てくださいね。お待ちしています。

S先生

私が研修病院を考え始めたのは、5年生の頃でした。もともと大学病院に残ることは考えていませんでしたが、病院実習が始まると大学の先生方とも親しくなり、将来希望する科への魅力もあったので、このまま大学病院で研修を行ってもいいかもしれないと思いました。しかし、まずはcommon diseaseや診断学を学んだほうがいいだろうと考え、岡山協立病院の教育回診に魅力を感じていたので、岡山協立病院での研修に決めました。
研修を始めてよかった点は、教育回診やカンファレンスを通じて、症例を共有できる点や、他科の先生との垣根が低く相談しやすいこと、自分の成長に応じて研修を進めていけることなどと思います。また、選択研修期間に興味のある科を回れるのも魅力の一つだと思います。
研修が始まると思うように時間がとれない時もあるので、大学生活中に思いっきり遊んで下さい。そして、興味があれば一度見学にきて下さい。

BackTOP