HOME > 入院のご案内 > 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

入院のご案内

入院対象患者様

厚生労働省により、回復期リハビリテーション病棟に入院できる患者様と入院期間は以下の通りに決められています。

  疾病 発症後 入院期間
1-A 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳炎、脊髄炎、多発性神経症、多発性硬化症もしくは術後 2ヶ月以内 150日
1-B 高次脳機能障害を伴った重傷脳血管障害、重度の脊髄損傷・頭部外傷を含む多発外傷 2ヶ月以内 180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折もしくは術後 2ヶ月以内 90日
3 外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後 2ヶ月以内 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経、筋、靱帯損傷後 1ヶ月以内 60日

※入院の詳細につきましてはこちらのページもご参照ください

入院のご相談

〈1〉

各病院の医療ソーシャルワーカー(MSW)から電話相談をいただく

〈2〉

当院MSWが電話にて患者様が回復期リハビリテーション病棟への入棟の対象疾患であるか等、判断させていただきます。

〈3〉

患者様が対象疾患である場合、後日、入院予約患者情報に必要な情報を記入し当院までFAXを送信してください。

入院予約患者情報のダウンロード

入院予約患者情報はPDF形式となっているため、表示するにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は左のロゴをクリックしてダウンロードしてください。

〈4〉

送られてきた入院予約患者情報をもとに、当院で入院判定会議を開き、受け入れの可否を決定します。必要に応じて、当院医師が患者様の診療に行かせていただきます。

〈5〉

受け入れの可否を各病院のMSWに電話連絡させていただきます。

〈6〉

後日、受け入れの日時を決定し、当院へ転院となります。

〈7〉

MSWがおられない施設や病院等については、まずは当院のMSWまでご連絡ください。