HOME > お知らせ&ご案内

基礎三研修 看護研究発表会

岡山協立病院では、12月26日(水)看護研究発表会が開催されました。今年度から、看護研究を位置づけて取り組みました。

「ブラッシング法、手もみ法、ウオーターレス法に比較検討」

「ICUへ入室した患者家族が望んでいる患者情報の調査」「術後疼痛スケール(NRS)を使用した効果について」

「術後超音波ネブライザーの中止基準作成に向けてー術後の呼吸器合併症予防に向けて統一したケアを行う為ー」

「整形外科における術後感染予防についてー膝の術前ブラッシングの有用性ー」

「病棟看護師への身体拘束に関する意識調査ー抑制患者一覧ボードを使用した病棟の取り組みー」

「呼吸器病棟の吸引に対する意識調査」「円滑に看護師間で統一した入院オリエンテーションの実施に向けて」

「安全な食事介助に対しての意識向上・統一についてー嚥下性肺炎の患者の食事介助を通してー」

「口腔・鼻腔吸引時の吸引チューブの再使用について」

以上10題発表しました。自分が興味や疑問を持ったところから始めた看護研究で、どの研究も興味深い内容でした。

2012.12.26 17:50 | Trackback(0)


トラックバックURL