HOME > 教育研修プログラム > EAPカウンセリングルーム

こころの健康相談 岡山EAPカウンセリングルーム

仕事のイライラ、人間関係・・・
恋愛問題から金銭トラブルまで

私たちのまわりには、ストレスのもとがいっぱいあります。現代のようなストレス社会においては、約10人に1人が「こころのカゼ(うつ病)」にかかるとさえ言われるようになりました。
岡山医療生協では、職員のメンタルヘルス問題の予防・早期発見・早期解決のため、専門機関である(財)林精神医学研究所・岡山EAPカウンセリングルームと契約しています。

岡山市中区浜472 林病院内 TEL.086-272-8116

EAPとは?

EAPとは、Employee Assistance Programの略称であり、一般的には「従業員援助プログラム」と訳されています。社員とその家族の方が、個人的な悩みや心配事を、会社には知られることなく、専門のカウンセラーに相談できるというものです。
職員や家族の「こころの健康」を守るためのシステムとお考えください。

EAPの機能は?

専門スタッフが相談を受けてくれます。
スタッフは、専門の訓練を受けた精神科医・臨床心理士・看護師・精神保健福祉士などです。ストレスを感じたら、お気軽にご相談ください。EAPの専門家のサポートが受けられます。

利用できる人・相談できる内容は?

利用できる人→岡山医療生協職員と、その家族(二親等まで)
相談できる内容

  • 職場の問題(業務関連問題、人間関係、組織改編や人事異動に伴うストレス、セクハラ、パワハラなど)
  • 個人的な問題(ストレス、うつ症状など)
  • アルコール依存・薬物乱用・ギャンブル依存など
  • 夫婦間・老人介護など家族の問題
  • 対人関係・恋愛・結婚・異性問題
  • 死別等による深い悲嘆・精神的不安など
  • 金銭問題など

その他、上記にないものでも、気軽にご相談ください。