腹部エコー

超音波診断装置は、コンピュータ技術の発展に伴い、画像精度を向上する上で、より緻密な画像描写するためのデジタルビームフォーミング技術や画像のつながりを良くする補間、相関技術を採用し、より高解像度の画像を描くべくめざましい進歩を遂げています。
また、カラードプラやパワードプラの出現により腫瘍内外の血管や脈管の同定が容易に行うことができ、なお一層腫瘍性病変の質的診断が向上されてきています
これにより、病変部の画像診断精度はめざましく向上し最適な手術法や治療法を選択することが可能になってきています。