心エコー

エコー検査(超音波検査)とは、超音波(人の耳には聞こえない高い周波数の音)を体内に発信させて、その反射波(エコー)をコンピューターで解析し画像化して体内の臓器を観察する検査です。
心エコー検査(心臓超音波検査)とは超音波を出すプローブというものを胸にあてて心臓の大きさや動き、血液の流れを観察する検査です。
レントゲンと異なり超音波自体は体に非侵襲的なものですので安心して痛みも無く繰り返し検査を行えます。小児や妊婦さんでも安心して受けられます。
心臓は、左心室、右心室、左心房、右心房の4つの部屋と、逆流を防ぐための4つの弁からなるポンプです。客観的な心機能評価が可能で、弁膜症の弁の動き・異常血流の有無、心筋梗塞での心臓の壁運動、先天性心疾患の血流観察などが可能です。心臓病の診断だけでなく、治療方法の選択、治療効果の判定、手術期間の決定などにも役立ちます。