MRI検査

MRIは、磁気を使って体内の水素原子から出る信号を画像にしています。X線を使用しないので被曝の心配がありません。任意の断面を撮影でき、身体の様々な病巣を発見することができます。
当院の装置は、以前のものと比べ装置の奥行が短く、入り口部分も広くなり圧迫感が軽減されています。また、MRI検査の欠点でもある大きな音も装置の特殊な構造によりかなり静かになっています。
検査時間は20~30分程度(検査によっては1時間程度かかる場合があります)かかりますが、より高鮮鋭な画像が撮影できるようになりました。
脳外科領域、整形外科領域、外科領域、消化器領域、婦人科領域、泌尿器科領域などの様々な病変の画像診断に使われています。
さらに急性期の脳梗塞の診断への対応のほか、最新のソフトウェアにより血管をCTのように造影剤を使用しなくても描出することができるので今までの頭部、頚部領域に加え様々な部位への対応が可能となりました。